ヒュミラについて *  リウマチ生物学的製剤取り扱い 追記あり。

mixiのコミュの方にも書きましたが、
ヒュミラの取り扱いについて書いておきます。

エンブレル、ヒュミラは自己注射型のリウマチバイオ製剤です。

つまり患者が自己保管しているもの。

これらの薬は冷蔵庫で保管、となっています。
では、今回のような非常時はどう対応したらよいのでしょう。

エンブレルについては、前述した通りです。
40℃ノ環境でも二週間持つ、ということで、
注射スパンも短いエンブレルについては、薬が手元にある方は大丈夫ですね。

さてヒュミラです。

これは二週間に一度の自己注射型です。

正しい知識がなかったので、製造元のエーザイホットライン0120419497に電話をして確認しました。


常温保管は24時間までです。(ここがエンブレルと違います)

計画停電の対応については、冷蔵庫内、
または室内3時間程度であれば全く問題ないとのことです。


電気が復旧していない地域、移動中や冷蔵庫がない方は
なるべく保冷バッグ等にいれてください。

常温24時間後の製品を注射するとどうなるのか?

・臨床例がない為不明。無効か重篤な副作用がでるのかわからない。

被災地での対応は?

・医療機関や医療テントなどで自家発電をしている場所があると思うので、
そこに問い合わせをしてみてください。

医師が見つからない。薬の効果はいつまで持続するのか?

・断薬をして5,6ヵ月後にリウマチの再燃が始まる。

(逆を言えば5ヵ月打たなくても関節破壊等は始まらない)

長期断薬後の再開時に、アナフィラキシーなどの出現は?

・ヒト由来なので、拒絶反応は出ないと見ている。



※あくまでも一般的回答ですので、個人の状態と見合わせて
できる限り、医師または薬剤師と相談をしてほしいとの事です。


●きちんと冷蔵保管2~8℃管理ができている
薬剤については製造後2年間は大丈夫です。


持っている機関はどんどん被災地、
または避難された受け入れ地域に送って欲しいです。


私もこの災害で学んだ事がたくさんあります。

自分の薬について。

薬の優先順位を知っておく。

毎日飲まなければいけない薬、少し間が空いても大丈夫な薬、
痛みなど出るが、体内残留度は高く、破壊まではすぐいかない薬とその期間を知る。

薬の保管について知っておく。

中には食事をしなくても服用できる薬もあります。
どの薬が、胃など荒らすのか。ステロイドや非ステロイド性抗炎症鎮痛剤(ロキソニンなど)は荒れますが、
同じ非ステロイド性抗炎症鎮痛剤のCOX-II阻害薬(セレコックスなど)は胃を荒らさない様にできています。
薬によって違いますので把握しましょう。



薬の1日服薬限度量を知っておく、というのも大切だと思います。
抗不安薬など、パニック発作が起きた時に、服薬量限度を知っておくと
自分の判断で服用することができる。
※これはドクターにきちんと聞いてください。


そしてもちろん、薬の在庫量の管理ですね。

今はこんな事態ですので、理由を言うと多めに処方してもらえる病院もあるそうです。

私も最低何日か持つくらいの薬と、何週間か分のエンブレルを
どこにいくにも持ち歩いています。


そして一番大事なこと。だと思うのですが

自分の禁忌について、明記しておく必要があると思います。


薬に限らず、強いアレルギーが出るものは、記述しておくと、何かあった時家族や医師、
救急隊員にもわかりやすく、そして命拾いできます。

アナフィラキシーショックはとても強く恐ろしいものです。


上記の事は、一度にやろうとしても無理かもしれません。
今、被災に遭われていない方も、普段から心がけておくように私はおすすめします。




ひとつひとつ、冷静に。落ち着いて、ね。




どうか、早く被災地に薬と医療が行き渡ります様に・・・!



追記です。twitterよりの情報です。

東京都立墨東病院膠原病・リウマチ内科
越智小枝先生より。

●しばらく医療機関を受けられない可能性の高い患者さんは、
免疫抑制剤(プログラフ・リウマトレックス・メトレート・アラバ・エンドキサン)の内服や
生物学的製剤(ヒュミラ・エンブレル)の自己注射は中止しておいて下さい。

お薬の効果は短くても2週間以上続きますので、再燃より感染の方が危険です。





>>>◆◆◆にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント