地震・停電関連  在宅医療機器等の対応について


画像



今回はリウマチ、線維筋痛症とはちょっと離れた在宅医療の話です。
でも知っておいて損はないかと。

また関係の方、どんどんアドバイスなど声をいただけると嬉しいです。

福祉施設を開いている友人がトピを立てました。

計画停電に伴う電機を使用する医療機器等の対応や支援について対応方法を教えて下さい。

(在宅ケース)電機使用の医療機器、人工呼吸器、たん吸引器、ネブラオイザー、
服膜透析患者さんの透析液加温器、在宅酸素療法など。




これについて、
元看護士で現在在宅医療福祉士をしている私の叔母から返答がありました。


在宅ケース、現在は酸素療法、吸引器の利用者さんに対応し、自家発電の機種を頼んでいます。

手元に届く間はカテーテルに注射器を着けて引くように渡してありますが操作はどうなるの?困ってます。

酸素の人は歩けるので停電中は外に出ないようにし携帯用を使用予定。

エアマットは三時間ぐらいは影響ない旨、業者が連絡していました。


追伸。


透析液の加温器、停電前にお湯を用意し人肌の温度にし液を温めて使用して下さいとの事です。

同僚のご主人が透析を受けており技術者でもあるんですよ。

自家発電の器具は届くまで日にちがかかりそうです。





こちらに掲載するのが遅れてしまったので
現在はまた改良されているかもしれません。

これはまだ計画停電が始まってすぐの頃のやり取りです。

ですが、普段から知っておいた方がいいと思い、そのまま載せました。


ヒュミラについて、の記事の時も思いましたが

「餅は餅屋」だなー、と感じました。

不安な事、疑問な事はできるだけ、業者に直接聞いてみましょう。
こんな事態ですので、対応はみな親切です


もちろん、どこに聞いたらいいかわからないと言う方も多いと思います。
ですから、専門の方、専門の方と連絡が取れる方が
どうぞ橋渡しになってください。

日本全国「繋がってる」ってそういう事じゃないでしょうか?



あはは、なんか真面目すぎて私のブログじゃないみたいだネ^^;


在宅医療の方、医療従事者の方の頑張りにただただ感謝いたします。



◆◆◆にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント